湘南のゴール裏の中のひとり

湘南ベルマーレを中心にふらふらしております

【05/17:浦和(A)】感情を共有できた幸せ

ものごとの全ては、

昨日の審判団への対応および、

Jリーグジャッジリプレイでひとまずの道筋がついた。


さらにはVARの来季以降の検討や

審判団への対応の公開など、

明らかにされてこなかったことが、どんどん変わっていったとおもう。

ベストメンバー規定の事実上廃止など、

試合結果や組織のアイデンティティ

Jリーグに変革を要求し、実際に変えているのは応援する者の一人として非常に小気味いい。

 

あの日、私たちは藤沢のスポーツバーHUBにいた。


浦和に行こうと思えば行けたが、

来月広島に行くことや、単純に体から疲れているとかでもろもろで断念した。


が、そもそもHUBへ行く予定もなかった。たまたま、買い上げたHUBの利用券があったので行くことにしただけだった。

 

ここで結論を言う。

「誰かと感情を共有できる場所で観られて本当に良かった」


一緒に観てた方はだいぶ酔ったのか

「なんで、オレあそこに居なかったんだろう」と後悔を口にしていたが、

HUBに居なかったら人と喜びすら共有できなかったし、誤審への文句も大声では言えなかっただろう。


そういう場としてスポーツバーが在る

というのは大変意義深いコンテンツの1つだと思う。

だから湘南ネクシススタジアムもカルネヴァーレもなんだったらリガールも頑張ってほしい。


そういえばHUBのハーフタイムでTシャツを当てた時

店長に一言と言われて


「このままじゃ終われないですよね。

 4点とって勝ちましょう」


とアジっておいた。

結果(杉岡のも含めて)4点とって勝った。

改めてプラスな言動はしておくものだと思った。

 

さぁ、伝説の逆転劇に浸るのはここまでだ。


明日、湘南ベルマーレ

Shonan BMWスタジアム平塚

北海道コンサドーレ札幌を迎える大事な

JリーグYBCルヴァンカップグループリーグ最終節だ。

 

プレーオフステージ進出には勝利が絶対条件。

去年の歓喜をまたもぎ取るためにも、

明日は選手の後押しをしたい。

【04/24:横浜FM(A)】スマートフォンで見たルヴァンカップ

昨日のYBCルヴァンカップグループリーグ
第4節 横浜F・マリノス戦はスマートフォンで見た。

通信容量は気にしなくて済むプランなので
心おきなく「スカパー!オンデマンド」アプリを活用し
帰宅途中の電車で見ていた。


4.7インチサイズのスマートフォンから見る
前半の攻防は大変面白く、中川寛斗選手のシュートには
思わず声を上げため息をついた。

だいぶ電車の中では危ないおじさんだ。


古林将太選手が後ろから競り合ってPKとなったシーンは
4.7インチサイズの画面ではよくわからないものの
「審判が見て判断したのであればそういうことなのだろう」
と思うことにして富居大樹選手に思いを託すことにした。

PKを富居選手がセーブするもののこぼれ球をキッカーに押し込まれ失点し
思わず「セーブしたんだけどなぁ…」と口にした気がする。

だいぶ電車の中では危ないおじさんだ。


それにしても雨だからという理由だけでなく、
湘南の選手は芝なのか、スパイクがあっていないのか、よく滑っていた(気がする)

とある用事で先週日曜日にニッパツ三ツ沢球技場にいた私には
「あーそういえばレアンドロ ドミンゲス選手がチャンスの時にスリップしていたなぁ…」
と思い出したくなる位置で中川寛斗選手がスライディングしたとき
思わず「きょうはよく滑るなぁ…」と口にした気がする。

だいぶ電車の中では危ないおじさんだ。


昨日の試合は面白かった。
残念なのは得点が無かったことと、
逆転できなかったことだ。


正直レッドカードの件はどうでもいい。
彼が審判に不平を述べるときの顔がハリウッドザコシショウに似てるなぁと
4.7インチサイズのスマートフォンの画面を見ながら思った。

が、「ハンマーカンマー」とは口にしなかった。

まだおじさんにも理性があるみたいでよかった。

 

【04/14:松本(H)】ホームゲームの帰りにて

平成最後のホームゲームは

松本山雅FCを相手に負けたかのような印象の引き分けをした。


それはまあいい。

主力級の選手が戻ってきたり、

本調子になったりでそのうち良くなるだろう。

 
さて昨日は雨予報だったので、

帰りのことを考え、ららぽーと の駐車場を活用させてもらった。

ま、傘を持って行かなかったので

スタジアムからららぽーとまでの帰り道に降られるとアレだったのだが。

 

8Gで立って、行き帰りを歩いて、着いた時には

「あの広いららぽーとで買い物したいとは思わないなぁ。」という正直な感想を持った。

とりあえず、今はズボンとかほしいのだが、さすがに店舗を見て回る体力はアラフォーにはもう無い。

とりあえず駐車場代くらいの買い物をして帰ることにした。

まぁ、あの近くにある空き地がスタジアムになったりしたらシナジー効果は段違いでしょうけど… 

 

 んで、なんやかやで暑かったので

一枚脱いでユニフォーム姿でスーパーのヤオマサに寄ったらば

 
「今日試合だったんですか?

テレビでDVDのことやってるのをみて観たくなっちゃったんですよ!」

とレジの女性からお声をいただいた。

  

テレビというのはコレだからスゴくてこわい。

 
2月に発売とかいう「旬を過ぎた」コンテンツで「いまさら」話題になっているわけがない。

アレはおそらく親会社の手法を使ってやっている記事広告と考えるのが妥当だと思う。

 
仮にそうだとしたら、狙いが的確だ。

(広く一般的に昔から)財布を握っている主婦層が見ている番組を狙っている。

母親が興味を持てば子供を連れてくる。

すると子供は長いスパンで顧客に育つ。

(仲がよければ)ついでに夫も来るだろう。

週末にサッカーを見るという文化を根付かせるチャンスがここにある。 

 

「地元にいる無関心層を掘り起こす」

SNSの弱いところを見事に補完して余りある形を見た。

 

それに湘南は敷居が低い。
とくにおまつり感覚でスタジアムグルメを食べて公園に居るだけでも楽しいだろう。

 

応援している歌に耳を傾けてほしい。

後半30分くらいから聞こえてくるその歌は、

「ゴールを奪って勝利を掴め」という歌い出しで始まる「天空の城ラピュタのエンディングテーマ」だ。

 

ここまで来て楽しくなったら

ぜひ楽しかったことをお友達に共有してほしい。そういう方が増えることはこの上ない喜びです。

 

さいごに

地元で試合結果を聞いてきた人には必ず笑顔でこういうことにしている。

「今日の試合は1-1の引き分けでした。

 若い衆が頑張ってますので、ぜひ観に来てあげてください。」

 

チケットならサクラ書店でぜひw

 

「NONSTOP FOOTBALLの真実」は2016年から変わった

NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章 -2018覚悟-が話題だ。

ついに今日、スッキリにも取り上げられてしまった。

あとはNONSTOP FOOTBALLの真実feat.情熱大陸がくるのでないかと期待が止まらないw

 

改めて見る。

湘南ベルマーレがリリースしたDVDは8枚。

以下のタイミングで作られている。


2009年 初のJ1 復帰を果たした時

2012年 曺監督、初昇格

2014年~2018年 NONSTOP FOOTBALLの真実

2018年 50周年DVD

 


50周年DVDは毛色が異なるとして、

タイプは3つに分けられる

① 昇格したチームを見て欲しい:2009年、2012年

② 今シーズンこれだけうまくいきました:2014年、2015年

③ うまくいかなかった時ありました:2016年以降

 


NONSTOP FOOTBALLの真実は

シリーズとして一体化していると思うが、

その構成や視点の違いから前期と後期に分けられると考えている。

 


そのポイントは2016年は降格を喫した年にある。

 

2016年のNONSTOP FOOTBALLの真実には
2014年、2015年と比べて明らかな違いがある

コントラストが強く暗い画づくり

② 選手のインタビューに配分を多く割く

③ 監督が辞める事を考えていたという内部暴露

 


「降格したのに作った」という視点に目がいきがちだが本質はそこではない。

ドキュメンタリーとして一皮剥けるきっかけになったのが2016年だと言える。

 


2018年DVDで繰り返し取り上げられるアウェイ清水戦。

 


この源流は2016年のアウェイ甲府戦に見て取れる。

アンドレ・バイアを上げてパワープレーを仕掛けてカウンター食らったあの試合。

普段は寡黙な高山薫がDF陣に具体的な指摘を入れている。

 


が、ここで議論が起きなかった(あるいはカットされた)2016年と、

秋元選手が梅崎選手にふっかけて議論が起きた2018年にチームとしての成長も見られる。

 

 

また梅崎選手の一連の流れに続く

曺監督の「オレだけがキレてもしょうがない」にも源流はある。


2016年アウェイ浦和戦。

前がかりで、相手FWとの競り合いに負けてから4失点を喫した村山選手を叱る監督

2017年アウェイ山形戦。

戦う姿勢が見えない選手を挙げて叱る監督。

当時「激おこ」と話題になったはずだ。


でもそこに議論がある形跡は見当たらない。

2018年は議論が起きて、

答えを見いだせるところまで進んだ。

 


曺監督の「ずっと待ってたんだよ」は2016年から見ると感慨が深い。

 


話題となった今だから「NONSTOP FOOTBALLの真実第3章」を改めて見直すことをオススメしたい。

きっともっとベルマーレが好きになるはずだ。

Shonan Make History 2018

1994年、日本テレビのスタッフに
「地元を表すなにかを身に着けられるようにしてください」と言われたのがTwitterアイコンの私だ。

たしかラスカのショップで買ったはず。

第14回全国高等学校クイズ選手権(通称:高校生クイズ)の全国大会ではずっと身に着けていた。
が、放送の中ではベルマーレに触れられることは無かった。

―我々は大磯高校でベルマーレ平塚は地元だけど隣町-

90分の放送において説明が面倒だからだ。


当時、ベルマーレ平塚は彼女のいる高校生がデートに行く場所で、
それだけ神奈川県平塚市に住む人にとって、限られたイベントだった。

Jリーグの開幕戦は覚えている。
そこに「平塚」が参入すると聞いてどうゆうこと?と思った。
「横浜」「大阪」「川崎」「広島」「名古屋」と名前の知った地名に並び称される違和感があった。

ま「鹿島」とか「磐田」とか「市原」とか「浦和」とか知らなかったけど。

 

その熱狂の中、ベルマーレを観に行くことは無かった。
でもスポーツニュースは見ていた。
選手の名前は知っていたし、ダイジェストも見ていた。

通った専門学校、勤務した会社すべてのPCにベルマーレのブックマークはしていた。
気が向いたら見ては「また負けたか…」とでじこのバナーに苦笑した。

 

ある日のかすかな記憶がある。

死んだ父から「ベルマーレでも観にいかないか?」と言われた。
高校を卒業しては職にも就かず、大学受験もせず、
タダ飯を喰らっていた私に生活の変化をもたらしたかったのだろう。

いつで、どこと対戦したのかすら覚えていない。
たぶん7ゲートで観た。でも試合結果を覚えていない。

そのくらい希薄な体験だったのだろう。

 

そのくらいの時、
妻は子供をベルマーレのサッカースクールに通わせていた。

大神のグラウンドにバスで向かい、
帰りに高田保則選手から話しかけられたらしい。

「ポジションはどこなの?FWはいいよ。華がある。」

と、まるで言い聞かせるような話し方だ。
その時買った妻のユニフォームは洗濯のしすぎでDDIがかすれにかすれている。

 

2002年は日韓ワールドカップだった。
その前年、番組制作会社から某局の報道セクションに派遣された私は、
番組のレギュラーコメンテーターだったR.R.さんと仕事をしていた。

新体制のキックオフと言うことで青山のカリオカでADふぜいが話していた。

「R.R.さん!僕の住んでいる街にはベルマーレというチームがあるんですが、どう思いますか?」

間髪入れずに

「ダメっ!僕の欲しい選手用意するのに必要なお金があるね。
 でもベルマーレにはできない。だからダメね。
 お金あったら強くできるよ。でもないからできないね。」

そっかーと思っていたら、後ろにビスマルクが現れポルトガル語で丁々発止の会話が始まった。
隣のディレクターは顔を伏せていた。
ワイドショー担当の時、テニスプレイヤーとの件で追い回していたのでばつが悪かったのだ。

後に2014年のFC岐阜戦でR.R.監督が記者会見の席で
「湘南はJ1にあがったら降格してこないようなチームだ。」
という発言を見て一人悦に入っていた。

 

2013年ベルマーレのチケットを取引会社からもらった。
湘南ベルマーレvsサガン鳥栖」戦の指定席券だった。

妻に「行こうよ」と言うもののの、
「わたしが行くと負けるから…」と難色を示していた妻は、
「J1だし行ってみようかな」に変遷し行くことになった。


以来、今に至る。

僕は曺さんに感謝の集いで感謝を伝えたことがある。

「“私が行くと負けるから”と観に行くのをためらっていた妻に
 ベルマーレの観戦を取り戻していただきありがとうございます。」

曺さんはアツい目線で「こちらこそありがとうございます」と握手してくれた。


湘南の新しい歴史は、あと一勝で手に入る。
僕たちはベルマーレとともに胸に抱くための星を勝ち取りに行く。

ワンダーランドが近いので

ベルマーレワンダーランドでは、ぜひサイクルロードのブースに行って欲しい。

そこには陽に焼けた笑い皺が深く刻まれた監督兼選手の宮澤崇史さんがいる。

ぜひ、握手して欲しい。
誰よりも長くロードバイクに乗った結果、親指と人さし指の間が握り手の形に変形している。
握手すると違和を覚えるだろう。

宮澤さんは、日本チャンピオンになって海外に挑戦し、ツールや世界選手権で優勝したアルベルト・コンタドールと同僚だった世界を知る人だ。


そんな人が、湘南ベルマーレの名前を冠したリオモベルマーレサイクルロードチームの監督なのは本当にすごいことです!

(なのにあんまり知られていない…)

オフィシャルハンドブックには彼の写真もあるし、宮澤さんはイベント中、ペンもお持ちなので、ぜひサインを貰おう。

そして、去年リオモベルマーレからはヨーロッパを目指しチームUKYOに羽ばたいた選手もいる。

「湘南から世界へ」はサッカートップチームだけではなくベルマーレファミリーにも居る。
いい機会なのでぜひワンダーランドで宮澤さんに注目して欲しい。

 

f:id:bellham:20180217141638j:image

 

そういえば昇格優勝記念号ってどうなった?

圧倒的な成績で9月に昇格を決めた2014年の湘南ベルマーレ。あまりにも早すぎたせいか、シーズン中に「昇格記念」の雑誌が出版されスタジアムで販売されました。

記憶に新しい「2014湘南ベルマーレ J1昇格記念号 縦者の証」がソレです。たしか、縦をショウと読ませるんじゃなかったかな。で、3年ぶりのJ2で悩みながらも在宅昇格そしてJ2優勝を果たした湘南ベルマーレ。その記念号って出ないのでしょうか? 

2017年シーズンは特別号が多かった

初タイトルを取ったり、ACLで久しぶりにJリーグのチームが優勝したりと話題に事欠かなかった2017年シーズン、実に多くの特別号が出版されました。2017年最初の特別号はYBCルヴァンカップを制したセレッソ大阪でした。

サッカーダイジェスト増刊 2017ルヴァンカップセレッソ大阪優勝記念号」 

www.e-hon.ne.jp

サッカーマガジン増刊 2017 YBC ルヴァンカップ優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

 

そしてJリーグ勢として10年ぶりにACLを制した浦和レッズ

サッカーダイジェスト増刊 2017アジアチャンピオンズリーグ浦和レッズ優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

サッカーマガジン 浦和レッズACL優勝記念&総決算」

www.e-hon.ne.jp

 

ついに無冠を脱した川崎フロンターレさんはお祭り騒ぎの刊行ラッシュ。

サッカーダイジェスト増刊 2017 J1 LEAGUE 川崎フロンターレ優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

サッカーマガジン増刊 川崎フロンターレ 2017 J1 優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

「FOOTBALL PEOPLE川崎フロンターレ 2017→2018SPECIAL 」 www.e-hon.ne.jp

 とまあ、並べると結構な数が出版されてます。他にはJ2で自動昇格圏内2位となってクラブ創設以来初のJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎さんは

「J1昇格 夢への軌跡 V・ファーレン長崎 報道記録集」

www.e-hon.ne.jp

そしてJ3リーグを優勝した、ブラウブリッツ秋田と自動昇格圏内2位確保してJ2復帰を果たした栃木SCさんも

J3初Vの軌跡 ブラウブリッツ秋田 2017」 

blaublitz.jp

栃木SC J2復帰 TOCHIGI SOCCER CLUB J3 LEAGUE 2017 栃木SC J2昇格記念号」

www.e-hon.ne.jp

…刊行されてないの、湘南と名古屋だけ? 

昇格優勝記念号ってどういうところが出しているか?

こうしてみるとサッカーダイジェストサッカーマガジンが出してくれるパターン(セレッソ、レッズ、フロンターレの3チームはそれ)と、地元新聞社が出してくれるパターン(V・ファーレン長崎新聞社ブラウブリッツ秋田魁新報栃木SC下野新聞)の2つに分けられるようです。

前述のパターンの場合、J1というカテゴリ自体にニュースバリューがあることに加えて「初タイトル」とか「10年ぶりに」など伝える理由があるため自然と刊行する理由がありました。そら、たくさん出るよね。

また後述のパターンの場合は、カテゴリに関わらずその地域でのニュースバリューがあることになる。メディア自体が「この街のチームを」という意識が働いて優勝や昇格を伝えるために刊行する理由がある。まさにJリーグの理念ってやつですかね。

さて、湘南はどうなのだろうか?

なぜ刊行されないか想像してみる

仮説1:ニュースバリューがないとみられている。

これまでの湘南ベルマーレにはストーリーがあった。いや、ありすぎたと言ってもいいかもしれないですね。「J2降格後10年ぶりにJ1に復帰」とか「最終節に逆転してJ1に復帰」とか「過去最速の昇格」とかそこには分かりやすいストーリーがあった。するとそこにはニュースバリューが生まれて刊行する理由ができてくる。

が、2017年シーズンはどうだったか?

もう湘南ベルマーレJ2リーグ優勝昇格というだけではバリューが無いと思われているのであれば、クラブもサポーターも次の段階を見据えないといけないのでしょうね。

 

 仮説2:湘南ベルマーレの記念号は売れない

よく言われることですけれど、サッカーに限らず競技専門系の雑誌が一番売れるのはオフシーズンだと聞いたことがあります。理由として「自分の好きなチームは来年どんな選手を取るんだろう」とか「あの好きな選手はどこへいくんだろう」など知りたいと思っている人が全チームに存在しているので買う動機が生まれて売れる。シーズン開始前に発売される選手名鑑なども同様の理由で売れる。

対して優勝記念号や昇格記念号はその特定のチームのサポーターした究極的には関係ない。一気に見込みとなる客の母数が減ってしまう。だから、そういう時期の雑誌とは比べ物にならないと想像できます。

つまり、あんまり口にしたくないですけど「湘南ベルマーレの昇格記念号、部数が見込めない」のではないでしょうか。冒頭で述べた「縦者の証」が答えを出してしまっていたりしないだろうか、とても心配。あんだけ驚異的なシーズンの記念号が「これだけ?」と思われたのであれば残念でなりません。

 

仮説3:地元紙が元気なさすぎるか、地元愛がなさすぎる

神奈川新聞さんは号外を平塚駅で配布したりしてくれるので大変ありがたい感じなのですが、神奈川新聞社の出版物ってそもそもあんまりない。湘南地域の出版物ってあんまり目にしない。発行してて「夏の高校野球グラフ」くらいか。
神奈川新聞って地元の情報を伝えるメディアとしては必要な存在だと思いますが、肝心の神奈川県民にそれを知りたいと思うニーズが少ない、要するに地元に関心がない県民性ではないかと感じることがあります。自分も含めて、仕事場が東京で神奈川に寝るために帰るとかいう生活をしていると神奈川県に特別の興味ってあんまりないなぁと感じます。すると、地元の情報をまとめたところで売れないよね。

そもそも神奈川新聞社さんってば川崎フロンターレ優勝号も出版していないし。県下に6チームもあるJリーグのチームそれぞれに気を使っていただいていると考えるようにしておきますw

 

そして湘南ベルマーレ50周年記念誌へ

ameblo.jp

とまぁ、ここまで年末にまとめておいたのですが、湘南ベルマーレ出身で清水エスパルス鎌田翔雅選手から分かってはいたけど「50周年記念誌」の情報をお年玉でいただきましたw

昇格優勝記念号をまとめる以上に重要なことですし、中身のある本になること期待してます。

ではー