湘南のゴール裏の中のひとり

湘南ベルマーレを中心にふらふらしております

Shonan Make History 2018

1994年、日本テレビのスタッフに
「地元を表すなにかを身に着けられるようにしてください」と言われたのがTwitterアイコンの私だ。

たしかラスカのショップで買ったはず。

第14回全国高等学校クイズ選手権(通称:高校生クイズ)の全国大会ではずっと身に着けていた。
が、放送の中ではベルマーレに触れられることは無かった。

―我々は大磯高校でベルマーレ平塚は地元だけど隣町-

90分の放送において説明が面倒だからだ。


当時、ベルマーレ平塚は彼女のいる高校生がデートに行く場所で、
それだけ神奈川県平塚市に住む人にとって、限られたイベントだった。

Jリーグの開幕戦は覚えている。
そこに「平塚」が参入すると聞いてどうゆうこと?と思った。
「横浜」「大阪」「川崎」「広島」「名古屋」と名前の知った地名に並び称される違和感があった。

ま「鹿島」とか「磐田」とか「市原」とか「浦和」とか知らなかったけど。

 

その熱狂の中、ベルマーレを観に行くことは無かった。
でもスポーツニュースは見ていた。
選手の名前は知っていたし、ダイジェストも見ていた。

通った専門学校、勤務した会社すべてのPCにベルマーレのブックマークはしていた。
気が向いたら見ては「また負けたか…」とでじこのバナーに苦笑した。

 

ある日のかすかな記憶がある。

死んだ父から「ベルマーレでも観にいかないか?」と言われた。
高校を卒業しては職にも就かず、大学受験もせず、
タダ飯を喰らっていた私に生活の変化をもたらしたかったのだろう。

いつで、どこと対戦したのかすら覚えていない。
たぶん7ゲートで観た。でも試合結果を覚えていない。

そのくらい希薄な体験だったのだろう。

 

そのくらいの時、
妻は子供をベルマーレのサッカースクールに通わせていた。

大神のグラウンドにバスで向かい、
帰りに高田保則選手から話しかけられたらしい。

「ポジションはどこなの?FWはいいよ。華がある。」

と、まるで言い聞かせるような話し方だ。
その時買った妻のユニフォームは洗濯のしすぎでDDIがかすれにかすれている。

 

2002年は日韓ワールドカップだった。
その前年、番組制作会社から某局の報道セクションに派遣された私は、
番組のレギュラーコメンテーターだったR.R.さんと仕事をしていた。

新体制のキックオフと言うことで青山のカリオカでADふぜいが話していた。

「R.R.さん!僕の住んでいる街にはベルマーレというチームがあるんですが、どう思いますか?」

間髪入れずに

「ダメっ!僕の欲しい選手用意するのに必要なお金があるね。
 でもベルマーレにはできない。だからダメね。
 お金あったら強くできるよ。でもないからできないね。」

そっかーと思っていたら、後ろにビスマルクが現れポルトガル語で丁々発止の会話が始まった。
隣のディレクターは顔を伏せていた。
ワイドショー担当の時、テニスプレイヤーとの件で追い回していたのでばつが悪かったのだ。

後に2014年のFC岐阜戦でR.R.監督が記者会見の席で
「湘南はJ1にあがったら降格してこないようなチームだ。」
という発言を見て一人悦に入っていた。

 

2013年ベルマーレのチケットを取引会社からもらった。
湘南ベルマーレvsサガン鳥栖」戦の指定席券だった。

妻に「行こうよ」と言うもののの、
「わたしが行くと負けるから…」と難色を示していた妻は、
「J1だし行ってみようかな」に変遷し行くことになった。


以来、今に至る。

僕は曺さんに感謝の集いで感謝を伝えたことがある。

「“私が行くと負けるから”と観に行くのをためらっていた妻に
 ベルマーレの観戦を取り戻していただきありがとうございます。」

曺さんはアツい目線で「こちらこそありがとうございます」と握手してくれた。


湘南の新しい歴史は、あと一勝で手に入る。
僕たちはベルマーレとともに胸に抱くための星を勝ち取りに行く。

ワンダーランドが近いので

ベルマーレワンダーランドでは、ぜひサイクルロードのブースに行って欲しい。

そこには陽に焼けた笑い皺が深く刻まれた監督兼選手の宮澤崇史さんがいる。

ぜひ、握手して欲しい。
誰よりも長くロードバイクに乗った結果、親指と人さし指の間が握り手の形に変形している。
握手すると違和を覚えるだろう。

宮澤さんは、日本チャンピオンになって海外に挑戦し、ツールや世界選手権で優勝したアルベルト・コンタドールと同僚だった世界を知る人だ。


そんな人が、湘南ベルマーレの名前を冠したリオモベルマーレサイクルロードチームの監督なのは本当にすごいことです!

(なのにあんまり知られていない…)

オフィシャルハンドブックには彼の写真もあるし、宮澤さんはイベント中、ペンもお持ちなので、ぜひサインを貰おう。

そして、去年リオモベルマーレからはヨーロッパを目指しチームUKYOに羽ばたいた選手もいる。

「湘南から世界へ」はサッカートップチームだけではなくベルマーレファミリーにも居る。
いい機会なのでぜひワンダーランドで宮澤さんに注目して欲しい。

 

f:id:bellham:20180217141638j:image

 

そういえば昇格優勝記念号ってどうなった?

圧倒的な成績で9月に昇格を決めた2014年の湘南ベルマーレ。あまりにも早すぎたせいか、シーズン中に「昇格記念」の雑誌が出版されスタジアムで販売されました。

記憶に新しい「2014湘南ベルマーレ J1昇格記念号 縦者の証」がソレです。たしか、縦をショウと読ませるんじゃなかったかな。で、3年ぶりのJ2で悩みながらも在宅昇格そしてJ2優勝を果たした湘南ベルマーレ。その記念号って出ないのでしょうか? 

2017年シーズンは特別号が多かった

初タイトルを取ったり、ACLで久しぶりにJリーグのチームが優勝したりと話題に事欠かなかった2017年シーズン、実に多くの特別号が出版されました。2017年最初の特別号はYBCルヴァンカップを制したセレッソ大阪でした。

サッカーダイジェスト増刊 2017ルヴァンカップセレッソ大阪優勝記念号」 

www.e-hon.ne.jp

サッカーマガジン増刊 2017 YBC ルヴァンカップ優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

 

そしてJリーグ勢として10年ぶりにACLを制した浦和レッズ

サッカーダイジェスト増刊 2017アジアチャンピオンズリーグ浦和レッズ優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

サッカーマガジン 浦和レッズACL優勝記念&総決算」

www.e-hon.ne.jp

 

ついに無冠を脱した川崎フロンターレさんはお祭り騒ぎの刊行ラッシュ。

サッカーダイジェスト増刊 2017 J1 LEAGUE 川崎フロンターレ優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

サッカーマガジン増刊 川崎フロンターレ 2017 J1 優勝記念号」

www.e-hon.ne.jp

「FOOTBALL PEOPLE川崎フロンターレ 2017→2018SPECIAL 」 www.e-hon.ne.jp

 とまあ、並べると結構な数が出版されてます。他にはJ2で自動昇格圏内2位となってクラブ創設以来初のJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎さんは

「J1昇格 夢への軌跡 V・ファーレン長崎 報道記録集」

www.e-hon.ne.jp

そしてJ3リーグを優勝した、ブラウブリッツ秋田と自動昇格圏内2位確保してJ2復帰を果たした栃木SCさんも

J3初Vの軌跡 ブラウブリッツ秋田 2017」 

blaublitz.jp

栃木SC J2復帰 TOCHIGI SOCCER CLUB J3 LEAGUE 2017 栃木SC J2昇格記念号」

www.e-hon.ne.jp

…刊行されてないの、湘南と名古屋だけ? 

昇格優勝記念号ってどういうところが出しているか?

こうしてみるとサッカーダイジェストサッカーマガジンが出してくれるパターン(セレッソ、レッズ、フロンターレの3チームはそれ)と、地元新聞社が出してくれるパターン(V・ファーレン長崎新聞社ブラウブリッツ秋田魁新報栃木SC下野新聞)の2つに分けられるようです。

前述のパターンの場合、J1というカテゴリ自体にニュースバリューがあることに加えて「初タイトル」とか「10年ぶりに」など伝える理由があるため自然と刊行する理由がありました。そら、たくさん出るよね。

また後述のパターンの場合は、カテゴリに関わらずその地域でのニュースバリューがあることになる。メディア自体が「この街のチームを」という意識が働いて優勝や昇格を伝えるために刊行する理由がある。まさにJリーグの理念ってやつですかね。

さて、湘南はどうなのだろうか?

なぜ刊行されないか想像してみる

仮説1:ニュースバリューがないとみられている。

これまでの湘南ベルマーレにはストーリーがあった。いや、ありすぎたと言ってもいいかもしれないですね。「J2降格後10年ぶりにJ1に復帰」とか「最終節に逆転してJ1に復帰」とか「過去最速の昇格」とかそこには分かりやすいストーリーがあった。するとそこにはニュースバリューが生まれて刊行する理由ができてくる。

が、2017年シーズンはどうだったか?

もう湘南ベルマーレJ2リーグ優勝昇格というだけではバリューが無いと思われているのであれば、クラブもサポーターも次の段階を見据えないといけないのでしょうね。

 

 仮説2:湘南ベルマーレの記念号は売れない

よく言われることですけれど、サッカーに限らず競技専門系の雑誌が一番売れるのはオフシーズンだと聞いたことがあります。理由として「自分の好きなチームは来年どんな選手を取るんだろう」とか「あの好きな選手はどこへいくんだろう」など知りたいと思っている人が全チームに存在しているので買う動機が生まれて売れる。シーズン開始前に発売される選手名鑑なども同様の理由で売れる。

対して優勝記念号や昇格記念号はその特定のチームのサポーターした究極的には関係ない。一気に見込みとなる客の母数が減ってしまう。だから、そういう時期の雑誌とは比べ物にならないと想像できます。

つまり、あんまり口にしたくないですけど「湘南ベルマーレの昇格記念号、部数が見込めない」のではないでしょうか。冒頭で述べた「縦者の証」が答えを出してしまっていたりしないだろうか、とても心配。あんだけ驚異的なシーズンの記念号が「これだけ?」と思われたのであれば残念でなりません。

 

仮説3:地元紙が元気なさすぎるか、地元愛がなさすぎる

神奈川新聞さんは号外を平塚駅で配布したりしてくれるので大変ありがたい感じなのですが、神奈川新聞社の出版物ってそもそもあんまりない。湘南地域の出版物ってあんまり目にしない。発行してて「夏の高校野球グラフ」くらいか。
神奈川新聞って地元の情報を伝えるメディアとしては必要な存在だと思いますが、肝心の神奈川県民にそれを知りたいと思うニーズが少ない、要するに地元に関心がない県民性ではないかと感じることがあります。自分も含めて、仕事場が東京で神奈川に寝るために帰るとかいう生活をしていると神奈川県に特別の興味ってあんまりないなぁと感じます。すると、地元の情報をまとめたところで売れないよね。

そもそも神奈川新聞社さんってば川崎フロンターレ優勝号も出版していないし。県下に6チームもあるJリーグのチームそれぞれに気を使っていただいていると考えるようにしておきますw

 

そして湘南ベルマーレ50周年記念誌へ

ameblo.jp

とまぁ、ここまで年末にまとめておいたのですが、湘南ベルマーレ出身で清水エスパルス鎌田翔雅選手から分かってはいたけど「50周年記念誌」の情報をお年玉でいただきましたw

昇格優勝記念号をまとめる以上に重要なことですし、中身のある本になること期待してます。

ではー

Advent Calender 2017「地元の書店が商品を創出してみた」同人誌J2本を導入するに至った理由

一年ぶりにブログしますよ。

はまちさんです。最近はもうすっかり「はまさん」と呼ばれるようになりました。

それもこれも、あの小僧のおかげです。というわけで、今年もたけさん(@take_12)企画の「Advent Calender」に参加させていだたきます。

 

さて、突然ですが私の妻は書店員です。
神奈川県平塚市にあるサクラ書店で仕事をしています。

そんな妻には2014年以来となるJ2降格を受けて危惧していることがありました。
ベルマーレに関連する商材が減り売上が減る。

 

■J2に起きていた商材の変化。

J2に落ちてメディアの露出が減る。

よく聞く声ですが、あらためてまとめてみるとこんな感じです。

サッカーダイジェスト」は毎号の記述はなくスポット的な掲載になる。
サッカーマガジン」は・・・・・・知ってのとおり。

こういうとき、地元新聞社が定期刊行をしている名古屋グランパス「月刊Grun」のような媒体はありがたいですよね。
(まぁJ2降格で「人が離れる」ことも考えられるし、逆に「露出が減るから知りたいので買う」ということもありうるのでその辺は分かりませんが)

つまりは「ベルマーレ目当てで購入」という人の購入はどうしても減ってしまいます。


また、今のJ2は以前ベルマーレがいた2014年と比べ紙媒体が後退していました。

当時月刊で刊行されていた「J2マガジン」は、2015年に季刊に、2016年に年2回、そして今年は開幕号のみ(次号予告は現在時点で反故にされてそう)。

J's GOALの副産物だった「J2白書」は2014年を最後に刊行はされていません。

ここまで記しておいて思いました。

「おい、売るものねぇじゃねぇか」と。

 

■割と売るものを用意してくれる湘南ベルマーレ

ベルマーレはメディア対応が下手だ」
よく目にする意見ですが、敢えて言います。「割とがんばってるよ」と。


2013年10月発売
「崖っぷち社長の挑戦 湘南ベルマーレに懸ける夢」
2014年10月発売
「2014湘南ベルマーレ J1昇格記念号 縦者の証」
2015年2月発売
「指揮官の流儀 直球リーダー論」
2015年3月発売
「Jリーグサッカーキング 2015年5月号」
「低予算でもなぜ強い? 湘南ベルマーレと日本サッカーの現在地」
2015年12月発売
「ベルマーレあるある」
2016年3月発売
「FOOTBALL PEOPLE 湘南ベルマーレ編」
2017年2月発売
「たのしめてるか。 湘南ベルマーレ2016フロントの戦い」
2017年3月発売
「Jリーグサッカーキング 2017年5月号」

・・・並べてみると結構あるな。
特に「たのしめてるか。 湘南ベルマーレ2016フロントの戦い」は、フロントの内情を「そこまで見せる?」というスタイルでありまして、そろそろ「情熱大陸」が取り上げる布石ではないかと個人的に思っておりますw

MBSさん期待してますよ!

メディアが取り上げてくれないなら自分たちで切り取る視点を持ってメディアを作り出すのは素直に良いと思います。

売るものも増えるしw


前述した「メディア対応が下手」はもたれている視点がちがうと思うのでそれも正解だと思います。紙媒体が時代に即していないというのも当然の指摘ですし。有料で展開している「湘南ベルマーレ公式携帯サイト」はそのメリットを感じられない更新頻度で良くないです。

またその逆に手探り状態ではあると思いますが「Goal.com」と頻繁に行われた記事掲載コラボレーションは良かったと思います。

 

■商材を書店からも作って良いのではないかと考えた。

さて、同人誌「J2ですが何か!?」に話を持っていきますよ。
長かったですね。


話は、2016年のJ2降格が決まった大宮戦の帰り道。
有楽町の焼とん屋でホッピー呑みつつ串をつまんでおりましたら

 
妻からなんとなしに、

「ねぇ、昔あなたがインタビュー受けたJ2本って販売できないかな?」

という話になりました。

ここでいうJ2本が同人誌の「J2ですが何か!?」です。

同人誌をご存じない方にむけて、ざっくり言うと個人やプロに限らず自費で出版した本のこととでもいいましょうか。そういう本を販売するイベント「コミックマーケット(通称:コミケ)」が夏と冬に催されており、自作の漫画やパロディや文芸・評論などジャンルは多岐にわたる出版物が販売されています。

「J2ですが何か!?」はそうした同人誌の一つです。

 (この帯のコメントは、サポーターのみんなの声を代弁していると今でも思います。)


この本を知るに至ったのは、妻の発言にもある通り2015年の夏コミケに向けて販売された「J2ですが何か!?」にインタビューのオファーを受けたのが始まりでした。

FC岐阜横浜FCのサポーターの出口編集長と、女子高生を主人公に徐々にサポーターへと成長する過程を描いた漫画「サポルト!」の高田先生がワタシの勤める会社に来社され、丁寧に菓子折りいただいて、思っていることをそのまましゃべった結果、そのまま載りましたw

この本は、編集サイドの取材による特別インタビュー記事と、J2の22チームのサポーターがそれぞれの視点で「観戦記」や「他チームのサポーターからの質問」に答える形で構成されています。


J2を取り扱うメディアが少ない中で、J2を取り扱っている同人誌を、J2チームのホームタウンの書店が展開したらどうなるか?

ちょっと面白そうな感じがしませんか?

そこで、出口編集長にTwitterのDMで連絡を取り、条件を詰め、ラスカ駅ビル店と高村店で展開することとなりました。


「J2ですが何か!? 2017 1st leg」は夏に発売、入荷した書籍は完売し、追加分を仕入れては見本にいたるまで売り切れました。

 

さらには、高田先生が発行された「サポルト!番外編」も入荷したところ、わずか数日で売り切れてしまいました。これでも結構な数仕入れてたんですけどね。

 

というわけで、「J2ですが何か!? 2017 2nd leg」はこの冬発売です!

 

長々と書いてみましたが、いわゆる書店ビジネスがマイナスな面でのニュースに包まれる中、ホームタウン内には密林の倉庫もあるし、そこで働く知り合いもいるし、あたらしいショッピングモールに大きな書店も来ているし。けっして、順風満帆な環境ではありません。

でもどうせ厳しいなら、楽しい方がいいでしょ?
チームも内に外に問いかけています「たのしめてるか。」と。

 

神奈川県下に複数のサッカーチームが存在してて、20万人程度の平塚市と言う都市に「湘南ベルマーレ」が存在する事って普通にマーケティングしたらあり得ないことだと思います。

このあり得ないことが存在している以上、ホームタウンそしてスタジアムのある平塚市でもっとベルマーレに関心を持ってもらいたい。
この平塚市でビジネスをしている以上、声を大にしてあえて言います

「新しいスタジアムは平塚市で」

 

湘南ベルマーレアドベントカレンダーは様々な視点の記事が展開されております。

地味に気になってるのは湘南U23の提案です(笑)
https://adventar.org/calendars/2167

Advent Calendar 2016 「6ゲートの下から」

#絶対残留ハッシュタグ湘南ベルマーレが募集をかけたInstagram記事企画。公式がリグラムしてくれることで、ベルマーレサポーターのみなさまに知ってほしいと思いでアップしました。(心では「こんなの絶対落ちるヤツじゃん」って思ってましたが)

 

2016年5月29日 湘南ベルマーレのホーム初勝利を僕たちは6ゲートの下で迎えました。

 

続きを読む

入院時の湘南スタイル

どーでもいいのですが、入院時に保証人を設定しないといけないの辛くないっすか?

こちとら、嫁の親は遠い遠い星空のそのまた向こうくらいに行ってるし、わたくしの家族も九州、関西。会社は東京となかなか厳しい。おまけに着替えだ、入院に必要なグッズだなんだと集めたり買ったり発掘したりと何かと忙しい。

なので、 

「どーせクレジットカードで払うんだから保証人JCBにしてくんねぇか?」

と思うのです。是非検討くださいまし、市民病院さま。

 

入院時にもスタイルはつらぬくべき

寂しかろうと大槻のミニのぼりとJ2優勝時のリユースカップを持ち込んだ我々ですが、他にも持ち込んだグッズはございました。

とくに、この2013年式チェッカーモータースさま謹製のタオルマフラーが役立ちました。怪我をした足の先をリハビリ兼ねて足首を動かすのですがその長さにちょうどイイ!あと、足裏に刺激があって大変よろしゅうございました。

とは妻の談。

タオルマフラーは普段使いにも最適です。

 

ベルマーレのTシャツが宣伝になる

いよいよ動きだして寝巻きじゃなくなるとTシャツの出番です。

ぜひ、この時ベルマーレのアパレル製品を着用ください。看護師さんの間で「あぁ!あのベルマーレの!」で通じるくらいに浸透します(笑)

 

特にオススメは「ラオシャンTシャツ

平塚市民病院でラオシャンをこよなく愛する看護師さんの間で大好評。

「ラオシャンのTシャツって売ってるんですね!」

となるくらいなので是非とも着ていただきたいと思います。

 

↓ こちらはMARIN STYLEのTシャツを着ている嫁さん

 

 

ベルマーレのサポーターも入院くらいする

さて、今年ワタクシどもの最大のトピックスは

嫁さん 負傷に関するお知らせ

12年ほど連れ添っております嫁さんが4月15日(金)の庭木剪定中に負傷しました。下記の通り診断結果をお知らせいたします。

◆負傷状況

 右ヒザ 高原骨折

◆全治

 2ヶ月(職場復帰まで)

湘南のニュースリリース風にするとこんな感じ。

翌日の鹿島アントラーズ戦は大変興味深い選手が平塚に来られるとのことでしたので楽しみだったのですが、まぁ付き添いをしておりました。 

入院生活も、せめて湘南らしく。

入院とかいうのは、まぁお互いに大変でして。自由のきかない嫁に対して様々な入院グッズを用意するところでした。

そこで、まず最初に私が用意したのが

 妻の愛する大槻選手のミニのぼり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミニのぼり【2238】
価格:1944円(税込、送料別) (2016/11/22時点)

 

それと懐かしいあのリユースカップ 

こういうものに囲まれて妻は入院しておりました。